ダイエット中に停滞する原因と対策。

こんにちは!

パーソナルトレーナーの石川です。

本日はダイエット中に体重が停滞してしまう原因と対策についてご説明していきます。

 

では早速ですが、ダイエット中に体重が停滞してしまう理由はいくつかあり全て説明しようとするとかなり長くなってしまうので本日はその中の一つ、『ホメオスタシス』について解説していきます。

 

ホメオスタシス(生体恒常性)とは、私たちが、身体の外から受ける環境や内部の変化にかかわらず、身体の状態(体温・血糖・免疫)を一定に保とうとする働きのことを言います。

例えば暑い環境にいると汗をかきますよね?

これは汗をかくことで熱を逃し、体温を一定に保とうとするホメオスタシスの働きです。

 

ダイエット中であれば、急激な体重変化に対しからだを守ろうとカロリーをできるだけ消費しないように働き、省エネモードに入ります。急激な変化はからだに異常があると判断するのです。

 

ではどのように対策をしていけば良いのかと申しますと、

①体重の落とし幅は一月あたり体重の5%未満に抑える

②とにかくダイエットを継続する

③チートデイ(ハイカーボデイ)を設ける

④ストレスを減らす

等があります。

 

停滞期は長くても2ヶ月程度で抜け出せると言われているので、間違っても暴飲暴食に走ったりダイエットをやめてしまうのは避けましょう。

食欲に負けそうなのであれば、定期的にチートデイを設け息抜きしましょう。

但しチートデイはやり方を間違えるとリバウンドのリスクもありますので、トレーナー等の専門家に相談してから行うようにしましょう。

 

それでは本日はここまで!

本日も素晴らしい1日になりますように。

 

#浜松ダイエット #美ボディ #若返り #アンチエイジング #ストレス解消 #ストレッチ #柔軟 #浜松パーソナル #運動習慣 #筋トレ #有酸素運動 #浜松 #長年の実績 #マンツーマン #完全個室 #コンテスト #筋力アップ #浜松ジム #コロナ対策 #食事管理 #腸内環境 #栄養学 #解剖学 #美尻

 

前の記事を見る
一覧へ戻る
次の記事を見る

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

COURSE/PLAN

  • インプルーブコース
  • 定額制プラン

CONTACT

ご予約・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。