ナッツは太るの・太らないの?

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

トレーナーの勝又です。

ナッツは皆様お好きですか?
脂質が多いイメージのあるナッツですが、食べることで様々なメリットがあるんです!

ナッツが太らない理由

1 細胞壁が固い

ナッツは植物の種実なので植物細胞で作られています。

細胞には細胞壁がありますが、ナッツは特に固いのです。

栄養素は細胞の中に閉じ込められています。、人間は食材の栄養素を全て吸収することはできません。細胞壁が固いということは栄養素が消化されきれないまま体から排出されています。

2 脂肪分がエネルギーを燃やす

ナッツの脂質は、いい脂質の「不飽和脂肪酸」のオレイン酸とリノール酸でできています。

不飽和脂肪酸は、細胞膜やホルモンなどの材料となり、化学的構造上、蓄積されにくい脂質と言われています。

3 空腹感を抑えられる

食物繊維が多く含まれています。

繊維の多い食材は、噛む回数が多くなると言われています。

さらに、食物繊維はお腹の中で水分を吸収するので、実際食べた量よりもお腹では容量が増えます。

間食や食事前にナッツを食べることで空腹感を抑えられるのでお勧めです!

ぜひ、空腹感が耐えられないかた、試してみてください!

また、不飽和脂肪酸とはって思うと思います。

そういった栄養学からコーススタートできるので、ぜひ、初回体験お越しください!

前の記事を見る
一覧へ戻る
次の記事を見る

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

COURSE/PLAN

  • インプルーブコース
  • 定額制プラン

CONTACT

ご予約・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。