ノートに記録する重要性

こんにちは!

トレーニングしている方、していない方も何かメモやノートに記録していることがある方いらっしゃると思います!

私も、食事内容を毎食ノートに記録しています。

今回は、ノートに記録する重要性について書かせて頂きます。

人の記憶力は人それぞれですが、「忘却曲線」によれば、忘れるタイミングには一定の法則があるようです。

まず、忘却曲線とは、ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスによって提唱され、「時間の経過」と「記憶の定着率」をグラフで表したものです。

結果として、

20分後には42パーセントを忘れ、58パーセントを覚えている。

1時間後には56パーセントを忘れ、44パーセントを覚えている。

1日後には74パーセントを忘れ、26パーセントを覚えている。

・1週間後には77パーセントを忘れ、23パーセントを覚えている。

1ヶ月後には79パーセントを忘れ、21パーセント覚えている。

この内容から、人は1日経つまでに74パーセントもの記憶が失われています。

ただ、この実験では無意味な音節が使用されているため、興味を持ってインプットしたものはここまで急激に忘れることはないと思われます。

なので、まずメモをとることはとても重要性があります。

次にノートですが、食べたものなど常に覚えていることは難しいです、、、

ノートに残していることで、どのようなことをしているときが調子良かったのか、上手くいっていたのか、自分を知るため、成長させていくために見返すことでとても財産となります。

是非、ノートに記録して、自己成長につなげていきましょう!!!

前の記事を見る
一覧へ戻る
次の記事を見る

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

COURSE/PLAN

  • インプルーブコース
  • 定額制プラン

CONTACT

ご予約・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。