筋トレ小話。

はてさて、皆さんいかがお過ごしでしょう。
インプルーブ トレーナー マットでございます。

今日はとある少年のお話をしたいと思います。

その少年の名前は「ミロ」
ミロは体を鍛えることが趣味で、
「仔牛を持ち上げ、運ぶ。」
というトレーニングによって体を鍛えておりました。

今のように機械や場所が充実した時代ではないので、
とてもシンプルで野性的なトレーニングです。

当たり前のことですが、
「仔牛は少しずつ、体の許す限り成長します」
そして、ミロは日課としてあのトレーニングを続けている訳ですから
成長していく仔牛を持ち上げられるように
「ミロの体も成長していきます」

ここで、筋肉が成長していく。
と言わなかったのは筋肉以外にも、
その筋肉に指令を出す「神経」や
筋肉によって動かされる「骨」の成長もあるからです。

ここにおける「成長」を言い換えると
「仔牛の重量に対する適応反応」となります。

のちにミロは古代オリンピック競技のレスリングで
6連覇の偉業を成し遂げます。

【学び】
筋肉の能力を向上させるためには
「負荷を少しづつ増やす必要がある」
ただ、筋力と筋肥大は同じように成長するわけではなく、
トレーニングのレベルや、内容によって変化してきます。
しかし、共通することは
「負荷を変化させることで、筋肉はその負荷に合った適応反応を起こす」
ということ。

そして、もう一つ。
ミロは「レスリングで6連覇」をしています。
これは、単にミロに筋力があったから為せた事ではなく、
仔牛を持ち上げて、運ぶという動作に
「レスリングと近しい部分が多かった」が故にと考えられるのです。
筋トレをしていれば、
野球がうまくなる。サッカーが、ゴルフが、
とはいかないのです。
自分が望む能力を手にするためには、
そのためのトレーニングが必要なのです。

トレーナーに理想を告げて、
上手にトレーナーを活用してください。
お客様が理想への最短ルートを歩むためには、
トレーナーがやってくれる。
ではなく
トレーナーとやっていく。
という気持ちでいると、着々と理想に近づけるかと。

それでは、ごきげんよう。

前の記事を見る
一覧へ戻る
次の記事を見る

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

COURSE/PLAN

  • インプルーブコース
  • 定額制プラン

CONTACT

ご予約・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。