身近な若返り。

はてさて、皆様いかがお過ごしでしょうか。マットです。

本日は身近に存在する痩せ・若返りドリンクを紹介いたします。

 

抹茶。

こちらが本日の主役でございます。

  1. 抹茶となんぞや。
  2. 抹茶がもつ素晴らしき効果4選

 

本日は以上のお品書きで綴ってまいります。

1、抹茶とはなんぞや。

最初に申し上げますと抹茶と緑茶の大きな違いは成育方法にあります。

抹茶の茶葉は緑茶の茶葉と違い「日光を遮るために」黒いシートを用います。

日光を遮られた茶葉はどうなるか?

>旨味成分であるテアニンが増加

>渋みの元と言われているカテキンの生成を抑える

結果、まろやかで味わい深い抹茶ができあがるのです。

では、続いて

 

2、抹茶の素晴らしき効果4選

「抗酸化物質による若返り」

「代謝があがる」

「脳機能を高める」

「ストレスを軽減、リラックス効果」

さて、一つずつ見て参りましょう。

「抗酸化物質」

近年、体の老化や病気の原因は「体の酸化」であることが注目されてきました。

体の酸化を言い換えれば「体の錆び」です。

ここで、活躍するのが「抗酸化物質」です。字のごとく、酸化に抗う物質です。

抗酸化物質により細胞の損傷を防ぎ、慢性疾患のリスクを抑えることができます。

特に、抹茶に含まれる「エピガロカテキンガレート」というカテキンが

かなり強力な抗酸化作用を持っており、

体の炎症と戦い、健康な動脈の維持に活躍し、健康な細胞修復を促してくれることがわかっています。

ただ、注意点があります。

抹茶は

低品質の緑茶の最大137倍、高品質の緑茶の最大3倍の抗酸化物質が含まれている

と、言われていますが、「抹茶にも質の差が大きく影響します」

皆様のお財布と相談をして、できる限り質の高い抹茶を求めていきましょう。

 

「代謝」

これは、抹茶に含まれている「カフェイン」によるものです。

詳しくはインプルーブのトレーナーにお尋ねください…フフフ。

 

「脳機能の改善」「ストレスを軽減・リラックス効果」

これまたカフェインにより反応時間の短縮・注意力の向上・記憶力の向上などが効果として期待されますが、

加えてL-テアニンというアミノ酸も関与します。

このL-テアニンはカフェインが切れた後に表れる眠気(エネルギーショック)を回避させる効果があります。

そして、L-テアニンには脳内のアルファ波活動を増加させ、リラクゼーションを誘発し、

ストレスを軽減してくれます。

 

ここまで抹茶の、いや、抹茶様のメリットを述べて参りましたが、

ひとつ、研究者の方から注意点が挙げられています。

農薬や土壌汚染物質の危険性は否めないので1日2杯以上飲むのはおすすめできないとのことです。

どんなものにも、適量があるということですね。

 

ここまで、読んで頂きありがとうございました。

前の記事を見る
一覧へ戻る
次の記事を見る

この記事をシェアする:

  • Facebookでシェアする
  • twitterでシェアする

COURSE/PLAN

  • インプルーブコース
  • 定額制プラン

CONTACT

ご予約・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。